エンジニアリング本部 溶接システムソリューション

自動倣い機能付研削装置 AKグラインダ

AKグラインダー
  • 愛知産業が開発した、高精度な倣い制御装置
    • 簡単な操作で自動運転が可能です。
    • 凹凸変形などがあっても自動で正確に追従します。
    • 負荷が増大すると自動停止し砥石の破損やグラインダ焼損を防ぎます。
  • 強力、高速回転切削のグラインダ部
    • 高周波制御方式で、Φ180ミリ、Φ100ミリの砥石が使用できます。
    • 鉄鋼やステンレス鋼の溶接ビードの研削の場合でも毎分45〜60グラムの高速で研削が可能です。
  • 愛知産業が推奨するアイゼンブラッタ社製のフラップディスク
    ドイツ・アイゼンブラッタ社製の高能率フラップディスク砥石を装備しております。
    • 放射状積層構造で研削面は均一で光沢を失いません。
    • 高速の往復切削でも砥石に目詰まりはありません。
  • 標準機種
    以下の2機種をご提供しております。
    • AK-G02 自動式直線研削用
    • AK-G04 ロボット搭載研削用

AKグラインダの特長と応用事例

グラインダ作業のきつい、汚い、危険から作業者を解放します

手によるグラインダ作業は、重労働で危険を伴いまた労働環境も厳しいため、安全な取扱いと災害防止に充分に気を付ける必要がありました。愛知産業は、現場の声に応え、グラインダ作業の自動化を図りこれらの課題から作業者を解放しました。

このようなグラインダが欲しかった!

研削量を一定制御の図

グラインダの押し付け圧力を常に一定にコントロールしながら自動で研削を行います。押し付け圧力は任意に設定が可能で、重切削から塗膜剥がしなどの軽切削まで、幅広い作業に適用ができます。
溶接変形などがあっても自動的に研削部に倣い追従しますので均一な仕上げ面が得られます。
開発以来30年、多くの台数の納入実績があり、高い評価を頂いております。

切削加工例

切削加工例 溶接ビード研削 円筒容器の長手研削、円周の研削 肉盛溶接部平面仕上げ研削
ロウ付け部研削仕上げ加工 パイプ継手部ビード研削 面取り研削 バリ取り
切断面のノロ除去 鉄鋼製品の黒皮除去仕上げ 塗膜剥がし作業  

AK-G02 直線自動往復型

AK-G02 直線自動往復型

特徴
直線レールを使用して長手方向の溶接ビードを自走式台車で研削します。
レール上に往復用ドグを設置することで、前/後進の往復走行を行います。
ビードの長さに応じてレールの追加連結・往復位置設定が可能で、グラインダ及び保持部が着脱でき、本体が軽量化されることで上向姿勢でも容易に設置できます。

用途
長手溶接ビード、面取り、バリ取りなど

AK-G02の使用例

AK-G04 ロボット搭載型

AK-G04 ロボット搭載型

特徴
20kg可搬のロボットから搭載でき、あらゆる種類のロボットメーカに対応します。
ロボット搭載型なので、研削プログラムを組むことで湾曲部や直角方向、曲線などの複雑な研削が可能です。
グラインダはΦ180mm用とΦ100mm用の2種類が製作可能。
倣い用上下スライドは原点復帰信号で必ず同じ位置(高さ)へ復帰します。
能率よく、かつ安全な加工プログラムを組むことができます。
ツールチェンジャーの使用でグラインダの多台持ちも可能です。

用途
車体やプロペラ形状の研削、バリ取りなど

AK-G04の詳細図

AK-G04の使用例

研削データの一例

溶接ビード材質 炭素鋼 アルミニウム合金
余盛寸法 高さ5mm、幅20mm 高さ3mm、幅13mm
研削条件 負荷設定10(最大)
走行速度600mm/分
研削角度30°
負荷設定10(最大)
走行速度600mm/分
研削角度30°
往復回数 2往復研削で母材面まで仕上げ可能 1往復研削で母材面まで仕上げ可能
 
仕様砥石Φ180mm

仕様砥石Φ180mm

砥石 ドイツ アイゼンブラッタ社製 高能率フラップディスク

砥石 ドイツ アイゼンブラッタ社製 高能率フラップディスク

特長

  • 研削砥粒材としてセラミックを使用、驚く程の研削量。
  • 裏当材に麻の繊維を採用、強度に優れ最後まで使用でき可燃ゴミとして廃棄することができます。
  • 研削に伴う施工材の研削温度上昇を抑えます。

適用金属

  • 炭素鋼、ステンレス合金、チタン合金、銅合金、アルミ合金適用
砥石の摩耗過程
重研削用に開発された研磨布複合型特殊砥石
外径 Φ180mm、Φ100mm
内径 Φ22mm、Φ15mm
最高回転数 Φ180mm:8600rpm、Φ100mm:12000rpm
砥粒 Z(ジルコニア)
粒度 50
  下記数値は砥石1g消耗時の研削量(同じ検索条件での当社比較)
材料 アイゼンブラッタ社製 他社製
軟鋼 32g 18g
ステンレス合金 28g 11g
アルミ合金 21g 18g

研削条件: 加圧力(最大)、研削速度:400mm/分、研削狙い角度30°

仕 様

商品番号 AK-G02 AK-G04
コントロール
ボックス
AK-G02のコントロールボックス AK-G04のコントロールボックス
用途 自走式直線研削用 ロボット搭載型
機能 ・可搬レールで簡単に設置、移動できます。
・どんな姿勢で研削しても制御性能が変わりません。
・走行9回(4,5往復)まで任意の回数往復研削できます。
・起動時は自動的に接近して研削開始し、停止時は上昇退避します。
・ロボットのアナログ指令に従って研削量を制御します。
・能率良く、かつ安全な加工プログラムを組むことができます。
レール 1.2m又は2.4m、固定用マグネット付 -
走行台車 走行速度:50〜999mm/分
早送り:手動クラッチ
-
走行 - ロボット軸動作による走行
グラインダ Φ180mm高周波グラインダ(8000rpm)
Φ100mm高周波グラインダ(10000rpm)
Φ180mm高周波グラインダ(8000rpm)
Φ100mm高周波グラインダ(10000rpm)
グラインダ
取付角度
砥石研削角度調整:15°〜40°
昇降速度:50〜60mm/分
半固定調整代:±25mm
砥石研削角度調整:15°〜40°
上下スライド ストローク:40mm
昇降速度:50〜60mm/分
全体防塵構造 ストローク:30mm
昇降速度:最大10mm/秒
左右スライド 手動調整代:±23mm -
制御装置 走行速度設定:デジタル表示
研削量設定:アナログ表示
走行前進、後進インチング スライド上下インチング
研削量制御:直流サーボ方式
研削量設定:自己、外部切換え
原点復帰---原点表示
高周波電源 Φ180mm用 入力:3相 200V 出力容量:13kva Φ180mm用 入力:3相 200V 出力容量:13kva
Φ100mm用 入力:3相 200V 出力容量:3.1kva
往復機能 研削回数:最大9回(4.5往復)
残り回数表示
-
入出力信号 - 入力信号
[起動、停止 設定負荷(アナログ)原点復帰、制御停止、スライド上限、下降]
出力信号
[原点復帰完了 走行開始 警報、過負荷 スライド上限、下限]
ケーブル 電源ケーブル200V単相:10m
制御装置〜研削ヘッド間:10m
電源ケーブル200V単相:5m
制御装置〜研削ヘッド間:10m
質量 走行研削ヘッド:22kg
制御装置:9kg
Φ100mmグラインダ:7kg (機械ヘッドのみの質量) 
Φ180mmグラインダ:10kg
オプション 電源ケーブル20m、30m
レール固定用真空吸着パッド/真空装置
(アルミ材料などに固定する場合)
ロボット取付けブラケット
入出力インターフェースケーブル5m
ページのトップへ戻る